合従戦の結果&最新リミテッドガシャ評価

第39回目の投稿となります。
過去最大級にパーティーを試行錯誤した合従戦【雨水の戦い】が終わりました。
いやー皆さんお疲れ様です。
私も疲れました。笑

合従戦の結果

仕事帰り、そして華金の楽しみですね。

さっそく結果発表をポチッと!!
前の領土戦では最後の最後で四千人将を陥落したので、少しドキドキです。笑

わーい!四千人将だー!
何気に順位も過去最高で嬉しいです。
☆5の青特武将が完凸で貰えるのもありがたい。
明日から武将直ドロイベントが始まるので、周回頑張れそうです(。˃ ᵕ ˂ )

リミテッドガシャ

続いて、本日発表されたリミテッドガシャについて。
私がラインナップを見た時の、心情の変化をお伝えしたいと思います。

心情1:カイネが開眼で新しく登場か。ノーマルカイネ持ってなかったし、良かった良かった。
心情2:公孫龍かー。趙軍オンリーなのね。副官蒙毅使えないやん。開眼公孫龍って、どうせ勇公孫龍の足元にも及ばない性能なんだろうなぁー。
心情3:副官万極か。対秦に尖った性能だったら嬉しいなー。
心情4:んー推薦状もあんまないし、今回は能力見てよっぽど凄くない限りはスルーかなぁ…。
心情5:ん?この公孫龍の顔ってなんかよく見るような…。
心情6:んん?属性「勇」?静謐なる将軍?ピックアップ?
心情7:(    д  ) ° °

こんな感じでした。笑
ま、まさかあのバッファーとして名高い勇公孫龍が開眼化するとは!
この手の武将は鬼神化や開眼化しないのが暗黙の了解だと思ってたもので…。

とにかく、公孫龍難民だった私にとっては吉報中の吉報!
華金の嬉しさと共にテンションは爆上げです。
こんなの引くしかないですね。
まさか開眼するにあたって、下方修正入るなんてことは…ないですよね?笑

開眼カイネ

公孫龍への逸る気持ちを抑えながら、まずは開眼カイネの技能を見ていきましょう。

大将技能は回避付与ですね。
しかも一定時間に何度も付与されるということで、高難度で使用することもありそうです。

個人技能は攻撃力と移動速度を上昇。
こちらはバフ率を見てみないと何とも言えないですが、カイネなので移動速度は鬼速くなりそうです。
開眼すると複数の敵と交戦時、攻撃対象を必殺技封印状態にする個人技能に切り替えられます。
あまり使いどころはないかもですが、城壁兵戦では使えるかもしれません。

必殺技は単体攻撃で対武将の攻撃力と会心率を上昇。
開眼すると範囲攻撃となり、自身の攻撃回避を付与。
ふむ、前者は攻城戦、合従戦向き。
後者は城壁兵戦向きですね。
ただ範囲攻撃なので、後者は合従戦でも使われる可能性アリです。

武器種が「剣」であり、攻撃速度も速そうなカイネなので、領土戦は援呉慶と組んでアタッカーとして活躍しそうです。

開眼公孫龍

公孫龍の前に開眼って付くのが慣れないですね。笑 
こちらは既存の技能については多くの方が既知だと思うので、開眼で新たに追加される技能を中心に見ていきましょう。

開眼することで、大将技能を「趙」武将の攻撃力を上昇させる技能に切り替えられます。
平凡な感じがしますが、あの公孫龍だけにこのバフ率も侮れないですね。笑 

また必殺技に「騎馬兵」を確定移動封印させ、「歩兵」が受ける攻撃によるダメージを増加、防御力を減少させる、が切り替え可能になりました。
んー正直、ナナフラ最高バフである現状の必殺技に勝てるとは思えないですが、やっぱりあの公孫龍ですからねー。笑 
絶対に油断はできない!笑 
合従戦の敵兵種が「歩兵」ばかりだった場合、既存の必殺技を上回るバフが掛かる場合もあります。
しかし他では使いどころが思いつかないですね。
開眼化したことで、大戦略パーティーに入れやすくなり、その時に使えたりするかな?と言ったくらいです。

とにもかくにも、とりあえず期待しかないですね!!

副官万極

最後に副官万極の性能を見てみましょう。

ん、んー。デバフ系ですか。
あまり使える場面は無さそうですね。

まとめ

1つ言えることは今回のガシャ、勇公孫龍を持っていない人は絶対に引くことをオススメします。
この勇公孫龍と言うのは、攻城戦・合従戦で高確率でパーティー入りする汎用性抜群の武将です。
私も持っていないので絶対引きたいと思います。
ただ1つだけ注意点。
先程ちょっとだけ触れましたが、これだけ強い武将が開眼化するということは、もしかしたら技能に下方修正が入る可能性もあります。
そこを見極めてから引いてもいいでしょう。
開眼カイネも赤得期間中はアタッカーとしての期待が大きく、3月度の領土戦・合従戦を頑張りたい人は引いていいと思います。

なんにせよ、明日2月29日が楽しみですね。

というわけで最後まで閲覧頂き、ありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です