合従戦【小満の戦い】のパーティー考察(ナナフラ)

どうもーケンプと申します。

今回は2020年5月24日より行われる、合従戦【小満の戦い】のパーティーについて考えていきます。
また、上位陣が組むパーティーについても予想していこうと思います。

赤特武将・副官

パーティーを組む上で大事になってくる赤特武将・副官。
今回の合従戦で該当する武将・副官をまずおさらいしましょう。

☆7武将

☆6武将・副官

☆5武将・副官

武将8人、副官5人となってますね。
特徴としては、☆6赤特武将が多いこと。
逆に☆6赤特副官が少ないことですね。
果たしてこれが合従戦にどういった影響をもたらすのか、楽しみです。

ちなみに現在、この中で私が持っている赤特武将は、☆7汗明、☆6姜燕 、☆6蒙驁、☆6介子坊、☆5嬴政です。
赤特副官は☆6なし、☆5は全て持っている、といった感じです。
これを考慮しつつ、パーティーを組んでいきます。

パーティー候補1

では早速、パーティー編成を考えていきます。
今回は本当に悩みますね。
私の中では過去最高の難しさだと思います。

※開眼王齕をまだ入手していませんが、入手している体で話しを進めます。なので☆1武将文穴の箇所には、開眼王齕が入ると思って下さい。

1つ目は、ぱっと思い付いたパーティーです。
大将開眼王齕、☆7汗明のダブルアタッカー構想。
ノーマル姜燕、開眼公孫龍はバッファーとして起用してます。

ただこれ、フレンド枠は誰にすれば良いのか迷いますね。笑 
例えばバッファーの開眼公孫龍にしたとして、☆7汗明に与えられるバフが多すぎる気がします。
攻撃速度2倍バフを与えるバッファー(王齕、姜燕、公孫龍×2)が4人もいては、カンストしてしまいそうな予感があります。

となると、フレンドに☆7汗明を借りるのが正解なのか、とも思いましたが、これもあまりしっくり来ませんね(;・∀・) 
開眼王齕の共闘技能が1人にしか入らないので、フレンド枠の汗明に対するバッファーは2人(姜燕、公孫龍) と少し寂しいです。

やはり現実的には☆7汗明の攻撃速度カンストは仕方なしとして、フレンド枠にはノーマル姜燕あたりが無難かもしれませんね。
こうすればお互いのバフで、ノーマル姜燕も削り役としてかなり機能しそうですし。

もしパーティーを4人で組めと言われれば、上記の編成が最適だと思います。
ただ5人編成となると、途端に難易度が上がりますね。笑
ほんと開眼王齕の存在で、一気にパーティー編成が難しくなりました。

パーティー候補2

2つ目は候補1のパーティー編成からバッファーだけ変えてます。
先ほどのフレンド枠問題を解消するように組んでみました。
開眼公孫龍から鬼神春申君に変えることで、攻撃速度のカンストを防止しつつ、攻撃力も上げていき、DPSの底上げを狙います。
そしてこのパーティーであれば、フレンド枠にノーマル姜燕を入れても活きるのではないかなと思います。

ただやはり、開眼王齕やノーマル姜燕に対するバフは減るので、そのへんが悩み所ですね~。

パーティー候補3

3つ目は、☆7汗明を大将に据えたアタッカー1トップ型です。
前回の合従戦を参考に、同じような形を取りました。

前回の合従戦の詳しいパーティー編成はこちら。

合従戦【穀雨の戦い】結果&最適パーティー答え合わせ

開眼白麗をノーマル姜燕に変えただけですね。笑
もちろんフレンド枠もノーマル姜燕を使います。
このパーティー、前回の使用感としてはかなり強力でした。
しかもバフ率は開眼白麗よりも、ノーマル姜燕の方が上なので前回以上のDPSを出すことは必須です。
私としては、開眼王齕が来るまでは一番の本命パーティーでした。
ただやはり、開眼王齕の存在がどうかな~といった所です。
ほんとに頭を痛くしてくれる奴です。笑

パーティー候補4

候補が多すぎる。
そんな声が聞こえてきそうです。笑
すいません、今回ほんとに色々な組み合わせが可能なだけに候補も多くなっちゃいました。

4つ目は、☆7汗明、開眼介子坊のダブルアタッカー構想です。
フレンド枠にはノーマル姜燕を採用します。
メリットとしては、赤特ボーナスが今までの候補の中で一番稼げる所です。
デメリットしては、少しバフが足りない気がする所です。
前述した通り、これでは開眼介子坊に対するバフがノーマル姜燕×2のみと、少し寂しいですね。
なので改善点として、開眼王齕OUT、開眼公孫龍INとかにすればいいかもしれません。(メリットを失いますが・・・笑)



以上が私のパーティー候補となります。
まずは手持ちの武将だけでまかなえる候補3で合従戦を行い、限界が来ればステップアップガシャを引き、候補1、2、4を順次試していくプランを取ろうと思います。

願うことならば、開眼王齕を取りに行きたいので、候補3が最適パーティーでないことを祈りますね。笑

最適パーティー予想

ではここからは、上位陣が組むパーティー編成を予想していきます。
そろそろ当てたいと思いますが、今回は難しそうですねー。
もしかしたら鬼神白起の必殺技ゲージアップ量が多くて、必須でしたとかになれば、私は泣きます。笑
まぁたらればを言っても仕方ないので、さっそく予想に入ります!!

○武将

開眼王齕 (大将)
☆7汗明
開眼公孫龍
ノーマル姜燕
ノーマル姜燕 (フレンド枠)

○副官

☆5同金(大将)
☆6蒙武
☆6王建王
☆6白起
☆6白起

これでいこうと思います!
武将については候補1と同じですね。
なんだかんだ、これが一番全体のDPSが出せそうな気がします。笑
編成理由は上記で話したので、割愛しますね。

副官については割と鉄板な感じです。
開眼王齕の個人技能を活かすために、副官には☆5同金を採用。
アタッカー枠の☆7汗明には、攻撃力アップの☆6蒙武を採用。
開眼公孫龍には、赤特ボーナスを多く稼げるように☆6王健王を採用。
ノーマル姜燕には削り役として、☆6白起を採用。

と、こんな感じですね。
当たるかなー?
無理だろうな~。笑

まとめ

ということで、今回の合従戦に対するパーティーは大方固まりました。
ポイントはやはり、開眼王齕ですね。
彼が活躍するかどうかで、パーティーはガラリと変わってくると思います。
せっかくなので活躍して欲しいですね~。笑
候補3が最適パーティーだった場合、前回の合従戦と全く同じような戦い方になるので、それはちょっと面白味に欠けますしね。笑

それでは最後まで閲覧頂き、ありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です