副官秦国名将の能力検証(セブンフラッグス・ナナフラ)

第79回目の投稿となります。
今回はキャンペーンで配布された副官「秦国名将」の猛将集結、智将集結の能力検証を行っていきます。

能力検証しようとした理由

配布されてから結構時間が経つ、この時期になぜ能力検証しようとしたのか?
その理由が3つあります。

1つ目の理由として、赤特期間が長いんですよ。
通常赤特期間は1ヶ月であることが多いです。
しかしこの副官「秦国名将」は赤特期間が5月15日までと、約1ヶ月半ほどあります。

つまり4月度の領土戦で使った後も、同月の合従戦、5月度の領土戦まで赤特として使用可能です。
これはまだまだこの副官を使いそうなので、能力検証しようと思った次第です。

2つ目の理由は技能が有用な点です。
攻撃力、攻撃速度アップは、赤特期間が切れても使う場面が多々あります。

しかもアップ率が⬆(大)であり、対象が自武将+残りHPが最も少ない武将。
これはなかなか使えそうですよね。
私はまだまだ大戦略時の副官が足りてないので、この副官は確実にパーティーに入ってきます。

3つ目はシンプルにアニメを見て、この大将級の武将が集結するシーンがカッコイイなーと思ったからです。笑 
こういうのいいですよねー。
めっちゃ燃えます。
好きなキャラを使いたくなるのは、ゲームやってる人の性ですね。笑

秦国名将-猛将集結-

まずは猛将集結の方から能力検証を行っていきます。
猛将という名だけあって、技能は攻撃力アップですね。
こちらは凸3の時の技能検証となります。

まずは対象が自武将のみの攻撃力アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

1615÷1441=112%

続いて対象がHPが最も少ない武将のみの攻撃力アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

2335÷2091=112%

最後に対象が自武将+HPが最も少ない武将の時の攻撃力アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

1802÷1441=125%

攻撃力アップ率は並ですが、最大アップ率が125%なら十分使えますね。

秦国名将-智将集結-

次に智将集結の能力検証をしていきます。
技能は攻撃速度アップです。
こちらは凸4の時の技能検証となります。

まずは対象が自武将のみの攻撃速度アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

1567÷1376=114%

続いて対象がHPが最も少ない武将のみの攻撃速度アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

2279÷2091=109%

最後に対象が自武将+HPが最も少ない武将の時の攻撃速度アップ率を見ていきます。

開戦前のDPS

技能発動時のDPS

1614÷1376=117%

DPS値だけでみると、猛将集結の方が数値は上がりますね。
ただ攻撃速度は上がれば上がるほど、対象依存で爆上げすることもできるので、117%アップでも有用です。

まとめ

○秦国名将-猛将集結-
・自武将 
攻撃力⬆112%
・HPが最も少ない武将
攻撃力⬆112%
・自武将+HPが最も少ない武将
攻撃力⬆125%

○秦国名将-智将集結-
・自武将 
攻撃速度⬆114%
・HPが最も少ない武将
攻撃速度⬆109%
・自武将+HPが最も少ない武将
攻撃速度⬆117%

ということで、今回は副官「秦国名将」の猛将集結、智将集結の能力検証を行いました。
どちらもアップ率は目を引くほどではないですが、汎用といってどの武器種にも付けられる点がいいですね。
次の合従戦でも使うことになると思うので、よく技能の詳細を覚えておこうと思います。

それでは最後まで閲覧頂き、ありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です