開眼羌象の2つの個人技能について(セブンフラッグス・ナナフラ)

第七回目の投稿となります。
領土戦が始まり四日目となりました。
今回は領土戦をやっていて疑問に感じたことを検証していこうと思います。

開眼武将は技能を切り替えることができます。
羌象の場合は個人技能を切り替え可能なわけですが、果たしてこの2つの技能、どちらが領土戦向きなのか検証していきます。

1.一定時間 攻撃力&移動速度⬆(特大)

まずはこちらの技能から。
気になるのは一定時間というのが、開戦時からどれほどの時間なのか?という所です。

こちらのパーティーで検証を行いました。

分かりやすくするために、副官は外しています。
また、青特武将がいるのは検証と周回を兼ねるためです。笑
結果はこちらー。

時間を見ると、開戦して50秒からDPSが落ちています。
よって、効果時間は49秒となります。
そして個人技能のDPSバフ率はこちらです。

3601/2223=162%(小数点第三位四捨五入)

なかなかの効果時間、バフ率と言えますね。

2.攻撃速度&移動速度⬆(特大)

続いてこちらの技能です。
こちらは先程のパーティーで羌象のDPSを見ればすぐ分かります。

個人技能のバフ率はこちらになります。

2816/2223=127%(小数点第三位四捨五入)

バフ率は1の個人技能の方が高いですが、こちらは時間制限がないのが魅力ですね。

領土戦に向いている個人技能は!?

1個人技能は49秒間、DPSが162%上昇。
2個人技能は時間制限なく(部隊数5000以上の縛りあり)DPSが127%上昇。
領土戦の攻城戦時間は90秒。
そしてフレンド枠で羌象をよく使う所。
この辺がポイントですね。

結論としては、1個人技能【一定時間 攻撃力&移動速度⬆(特大)】
こちらの方が領土戦では活躍が見込めそうですね。
理由としてはやはり、時間制限付きとはいえDPS上昇値が高いところ、しかもそのバフがフレンド枠で羌象を使えば2倍になるのが大きいですね。
実は私は2個人技能を選択していたのですが、今日からは1個人技能で領土戦を戦っていこうと思います!!

それでは最後まで閲覧頂きありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です