領土戦【立春の戦い】の最適パーティー考察(セブンフラッグス・ナナフラ)

第29回目の投稿となります。
今回は2月8日より始まった領土戦の最適パーティーについて考えていきたいと思います。
とはいえ、毎度のことですが上位陣のパーティーを参考にさせて頂く形ですね。笑

赤得武将・副官

まずパーティー編成を考える上で大事な赤得ですが、今回の領土戦での赤得武将・副官は計12体。
先月後半から始まったガシャから現在行ってるガシャ、またイベントで手に入る武将・副官までが対象ですね。

赤得武将は計6体。

・鬼神化紫夏 
・鬼神化太后 
・双星王賁&蒙恬 
・援番陽  
・開眼陸仙  
・鱗坊(☆5)

また、赤得副官も計6体。

・録嗚未 
・嬴政
・亜門&江彰 
・白亀西(☆5) 
・田慈(☆5) 
・乱銅(☆5)

攻城戦パーティー

上位陣のパーティー編成を見ると、ほぼ一致で以下の構成ですね。

アタッカーはやはり王賁&蒙恬。
そしてアタッカーの武器種が槍、兵種が騎馬、所属『楽華隊』なので大将には鬼神化陸仙が選ばれてますね。

鬼神化陸仙の能力を見れば見るほど、今回の攻城戦に向いてるのが分かりますね。
攻城戦の大将といえば、やはりこの鬼神化陸仙か鬼神化蒙驁が思い浮かびます。

そして攻城戦では出番がないと噂されていた援番陽ですが、『玉鳳隊』へのバフが凄いので選ばれてますね。
そして公孫龍を添えて、更に攻撃力を激上げ。
フレンド枠には王賁&蒙恬を入れてダブルアタッカー構成ですね。
このパーティー組めたらワクワクしそうですねぇー( ˃ ⌑︎ ˂ )

副官は毎度のパターンですが、赤得を詰め込んでますね。
ただ槍兵が3体いるので、☆6の赤得副官が足りません。
そこで上位陣はこの呉慶さんを入れてる方が多いですね。

城攻めといえば、この副官呉慶さんですね。
最近は剣武将のアタッカーが多かったので、久々の登場です。

城壁兵戦パーティー

続いて城壁兵戦のパーティー編成です。
上位陣を見ると、こちらは2つのパーティーに分かれてますね。

基本ベースは同じで鬼神化太后(美姫)、鬼神化紫夏のどちらか2択ですね。
では簡単に考察を。
まず、大将は開眼陸仙。
これはステップアップガシャで登場した時から皆さん分かってたと思います。
城壁兵戦に特化した技能を持ってます。

そして同じくアタッカーには王賁&蒙恬。
援武将には対武将特化の番陽さん。
あとはフレンド枠にやはりアタッカー王賁&蒙恬。
ここまではまぁやはりって感じですよね。
注目してたもう一枠なんですが、私は春申君かなーと予想してました。
しかし蓋を開けると、赤得の太后や紫夏でしたね。
この2人で分かれてる理由なんですが、攻撃的にいくなら太后、守備的にいくなら紫夏って感じですね。
検証はできないですが、技能的にもパーティーにバフが掛かるわけではないので、お好みで選んで大丈夫そうです。

まとめ

さて、攻城戦・城壁兵戦の上位陣パーティーを見てきました。
いやーなるほどなーと勉強になります。
ただこのパーティーを実現させるとなると、なかなか難しい!笑 
やはり周回を頑張り、ガシャの時点で武将を選定する目を養わないといけないですねー。
今後も日々精進していこうと思います。

それでは最後まで閲覧頂き、ありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です