攻城戦大将候補リスト(セブンフラッグス・ナナフラ)

第45回目の投稿となります。
今回は領土戦の攻城戦で使える大将を用途別に紹介していきたいと思います。
紹介と言いつつ、忘れっぽい自分の為の備忘録的な意味合いが強いです。笑

前置き

ナナフラでは1ヶ月に1度、プレイヤー同士がランキングを争う領土戦が行われます。
パーティー編成というのは、その時々の赤得武将によって毎度変わります。
なのでパーティー編成に常に正解はなく、その時々の最適解を見つける必要があります。
そこがナナフラの難しい所であり、面白い所なのです。
今回はパーティーを組む上で1番重要になる攻城戦で使える大将をリストアップします。
ではさっそくいきまーすε=ヾ(*。>ω<)ノ

鬼神化蒙驁

1人目は鬼神化蒙驁さん。
攻城戦の大将では1番有名かもしれませんね。
赤得アタッカーの武器種が槍の時、大将候補に挙げられます。
特に蒙家が赤得アタッカーの場合は、高確率で鬼神化蒙驁を大将に据えます。
対[城]に対して高いバフを持つ蒙驁は、正に城取り名人という異名がピッタリです。

鬼神化陸仙

2人目は鬼神化陸仙さん。
2020/2/8より始まった領土戦では、この鬼神化陸仙を大将に据える方が多かったですね。
赤得アタッカーの兵種が騎馬兵の時、この鬼神化陸仙は大将として活躍します。
ただ騎馬兵でなくてもバフは掛かる為、鬼神化蒙驁より汎用性が高いのがポイントですね。

鬼神化呉慶

3人目は鬼神化呉慶さん。
最近は援呉慶の方が圧倒的に見る機会が増えましたが、鬼神化呉慶の大将技能も攻城戦向きです。
特に魅力的なのが無条件でバフが自軍全体に掛かることです。
大将候補がいない時には、この鬼神化呉慶を使えばまず間違いないです。
ただ援呉慶と併用できないのが痛い点ですね。

鬼神化タジフ

4人目は鬼神化タジフさん。
対[城]攻撃力⬆自体は共闘技能しかありませんが、それでも攻城戦の大将候補として押せます。
というのも、大将技能が[対象依存]攻撃速度⬆(特大)なんですよね。
有名な鬼神化録嗚未も同じ大将技能をもってますが、あちらは[対象依存]攻撃速度⬆(中)なんです。
鬼神化録嗚未でも効果としては十分期待できますが、これはそれを遥かに上回る性能です。
ただ注意点として、対象が「山の民」のみです。
なので山の民が赤得時しか大将として活躍できないので、使いどころはかなり限定されます。

まとめ

ということで、攻城戦で使える大将候補を4人挙げました。
全員用途が異なるので、その時々の領土戦に応じて使い分けるのがポイントです。
この大将選びで、攻城戦貢献度ポイントの伸びが大きく変わってくるので選定はしっかり行いましょう!

それでは最後まで閲覧頂き、ありがとうございましたーm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です